夏場の過ごし方のテストをした結果

自分には昔からの問いがありました。

夏は空調効いた広場で過ごす方が良いのか、窓を全開にして、夏場の暑さを感じながらあかす方が良いのか、という問いだ。

空調を垂らしすぎてもいけないと言いますし、かといって暑い中にいると専念症が恐ろしいとも聞きますし、実のところはどうすればいいのかをテストしてみました。

思う存分空調の効いた広場に居る日光という、窓を全開にして扇風機だけであかす日光を、毎日ずつ試してみました。

結果はやはり空調の聞いた広場で話す方が良いだ。気持ち良いからという理由だけでなく、さすが状況が良いだ。窓を開けただけの広場だと、私の場合は何故か下痢になってしまいました。モイスチャーや塩気をしっかりとっていても意識がぼーっとし、身体がだるくなりました。

テストのまっ最中は、広場の景気が違うだけで、やることは同じ事をするように努め、ウェブログを書いたり、正規を読んだりを主にしていました。そのコストパフォーマンスについても、驚くほどの違いがありました。
空調が効いた広場では、正規を2冊読み終わる事が出来ましたが、窓を開けただけの広場だと、1冊も読み去る事が出来ませんでした。
暑さからか、メッセージの内容が頭に入ってこず、何度も前に戻って読み返すというプロセスをしなければいけなかったことが原因だと思います。これも、意識がボーっとしていたことや、身体がだるかった事がすごく関係していると考えられます。

これらの実りを通して、夏は空調の聞いた広場で明かし、時時雰囲気の変換がてら、窓を開け、広場に日光の輝きを含めるようにするという一段と清々しく過ごすことができます。また、スポーツ欠陥帳消しのためにも、幾らか外に出るひとときを組み立てる事も、身体にとっては有難い効果があるのではないかと思います。

こういうテストを通じて、これからの夏はやせ辛抱などせず、空調を効かせた広場で越し、体調管理や仕事の効率アップを目指したいと思います。美甘麗茶の口コミをチェック